広告

2024/2/4

消防設備士とはどんな資格?受験資格や難易度、合格のコツまで

消防設備士とは、建物や施設の火災予防や消火設備の管理に携わる資格です。 受験資格は高卒以上で、専門知識や実務経験が求められます。 難易度はやや高めで、専門的な技術や法規知識が必要ですが、十分な準備と継続的な学習でクリア可能です。 合格のコツは、過去問を解きながら実務と結びつけ、法令改正にも注意を払うこと。 素人でも地道な努力で合格を目指せます。 消防設備士とは 消防設備士は、火災の予防や消火設備の保守管理に携わる資格です。 消防用設備の工事又は整備は消防設備士でなければ行えないよう規定されています。 具体 ...

ReadMore

2024/2/4

建築設備士とはどんな資格?受験資格や難易度、合格のコツまで。

建築設備士ってどんな資格でしょうか? 設備屋の間では、難しい資格の代表として知られています。 一級建築士にも引けを取らない言われたりして。 そんな建築設備士を取得するにはどうすればいいのでしょうか。 この記事では、建築設備士の概要から、資格取得のポイントまでわかりやすく説明していきます。 建築設備士とは? 建築設備士とは、建築士法の第2条で、「建築設備に関する知識及び技能につき国土交通大臣が定める資格を有する者」と定義されています。 そして、その役割として、建築士法第18条で、「延べ面積が二千平方メートル ...

ReadMore

2024/2/4

一級管工事施工管理技士とはどんな資格?受験資格や難易度、合格のコツまで

今回は「一級管工事施工管理技士」についてです。 設備屋で施工管理を行う上で必須の資格です。 サブコンに勤めて、現場管理の職に付いたら必ず取らされます。 今回は、この資格の概要と取得のポイントを紹介していきます。 一級管工事施工管理技士なぜ必要? 一級管工事施工管理技士の資格がなぜ必要なのか。 管工事を請け負うときに、金額によって監理技術者や主任技術者を決めなくてはいけません。 請負金額によって違いがあったり、元請け、下請けの場合も違いますが、元請けの場合、監理技術者、下請けの場合、主任技術者って感じです。 ...

ReadMore

2024/2/4

建設業ってどんな業界?建設業界の仕組みとは?

建設業ってどんな業界でしょうか。 何となく、大きなビルやマンションを建てる会社って感じですよね。いわゆる、ゼネコンってやつです。 建設業で働くとは、どんな感じでしょうか。 まずは、建設業とはどんな業界なのか、その辺りから解説していきます。 建設業界の基本概要 建設業とは 建設業は、新しい建物や橋、道路を作るお仕事です。 大きなクレーンや重機を使って、土やコンクリートでしっかりとした建物を造り上げます。 建物を作る際は、設計図を元に様々な素材を組み合わせています。また、建物の中は電気や水道などの設備も整えら ...

ReadMore

2024/2/4

建築設備業って儲かるの?その年収相場は?

建築設備業って、給料はどのくらいもらえるのか気になりますよね。 実は、このお仕事は需要が多く、年収相場は400万円から800万円ほど。 エアコンや水道の仕組みを整えたりするんです。 手に職をつけて、しっかり収入を得られるので、将来の選択肢として考えてもいいかもしれません。 建築設備業の年収相場は 建築設備業の年収相場について知りたい方へ。 このお仕事は、建物のエアコンや水道、電気などの設備を整えるお仕事です。 年収相場は概ね400万円から800万円ほど。 需要があるため、安定して働ける上、手に職をつけられ ...

ReadMore